エゾ鹿の栄養価|鹿肉普及委員会<蝦夷鹿の精肉・加工品・缶詰・無添加ドッグフード・鹿角アクセサリーの販売>

鹿肉普及委員会
  • 会員登録
  • ログイン
  • 買物カゴ

エゾ鹿の栄養価 (社)エゾシカ協会HPより抜粋

脂質を摂り過ぎの現代人におすすめです

さまざまな栄養素を毎日どのくらい摂取すればよいかは、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」に明記されています。脂質は、総エネルギー摂取量に占める割合(脂質エネルギー比率)として、29歳未満では20〜30%、30歳以上では20〜25%の範囲内に収めるよう記されています。ところが、ほとんどの年代において、それは守られていません。「国民健康・栄養調査」は、とくに30歳代の男性と30〜50歳代の女性が脂質を過剰摂取していると報告しています。私たちは、脂質の摂取量を控える努力をする必要があるのです。
エゾ鹿肉の脂質は、量の少なさのみならず質の良さもまた魅力です。脂質の質を決定づけているのは脂肪酸という成分ですが、エゾ鹿肉では、必須脂肪酸のリノール酸をはじめとする多価不飽和脂肪酸が、一般的な畜肉よりも高い割合で含まれていました。獣肉としては、とてもめずらしいことです。幼獣には、脂質代謝改善作用をもつとして注目される共役リノール酸(CLA)が、成獣よりも多く含まれていました。

【エゾ鹿肉の一般成分】

鉄分補給に最適です

エゾシカ肉には、鉄が多いという特長もあります。100g中に6.0mg含んでおり、鉄が多いとして知られる食品を上回っていました。鉄という元素は、私たちの体内にわずか数グラムしか存在しませんが、ヘモグロビンとして酸素の運搬にかかわるほか、エネルギーを作り出す経路の酵素の成分となるなど多くの代謝反応にも関与しています。「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、月経のある女性の推奨量は、年齢によって異なるものの10.5〜14.0mg/日と設定されています。しかしながら、摂取状況は1日あたり7mg程度にとどまっており、推定平均必要量すら満たされていません。一見すると健康そうであっても、じつは貧血予備軍であるという女性は大勢います。女性にこそ、エゾシカ肉を積極的に食べてほしいものです。

鉄分補給に最適です
鉄分補給に最適です

鹿肉はダイエットに最適

エゾ鹿肉の特長の一つは、高たんぱく低脂肪、コレステロールも低いヘルシーなお肉であること。牛肉や豚肉と比較してみるとその違いは歴然としています。脂肪の割合は、低脂肪な鶏のむね肉やささみとほぼ同じ。さらに、脂質の「質の良さ」も魅力です。脂質の質を決めるのは脂肪酸という成分ですが、エゾ鹿肉では、必須脂肪酸のリノール酸をはじめとする多価不飽和脂肪酸が畜肉よりも高い割合で含まれています。「これは、自然の中で植物をエサにしているエゾ鹿ならではのことで、家畜の肉と大きな違いです。完全自然食のエゾ鹿の魅力をぜひ知ってもらいたいです。

鹿肉はダイエットに最適